本日、ラジオエフに出演しました!

  • 2020.07.08 Wednesday
  • 19:51

JUGEMテーマ:日々徒然

 

こんばんは、エクラムの峯岸です!

 

今日の午前中は、凄い雨脚でしたね(*_*;

 

富士宮地域は土砂崩れ注意報がずっと、出ていますが皆様のお宅は大丈夫でしょうか?

 

九州・岐阜は床上浸水、河川の氾濫があるようで、場所によっては指定された場所に避難されている方も、いらっしゃるようですね。知り合いもいるので、少し心配です。

 

アロマが好きな芹沢さん♬

 

 

今日の午前はお客様の施術、午後14:20〜14:30はラジオエフ出演でした。出演自体は3回目、スタジオ出演は2回目です。お客様やお友達から、ラジオ聴くよ〜というLINEをいただいて、嬉しかったです♬♪

 

まだ、ラジオ出演ひよっ子なので、親のように心配しながら聴いてくださっていたことと思います。

 

 

 

今回のお題目は、『梅雨時期の自律神経の乱れや体の不調を緩和するアロマと食薬』でした。この時期、不調を訴える方が多く、「古傷が痛む」「片頭痛」「浮腫む」「体がだるい・重い」「気分が上がらない」「冷える」「眠れない」「お小水や大便をした後、スッキリしない」「腰から下が何だか不調」「眠い」挙げたら、きりがありません。私自身も、眠い・だるいというのは多少、あります。ただ、アロマを上手く使っているからか、気分の落ち込みは、そこまで感じません。

 

何故、この時期不調を訴える方が多いのでしょう?

 

梅雨時期は、日照時間が短く、曇りと雨の日が多いので、メラトニンが分泌しにくい状況です。メラトニンは、睡眠を誘発するホルモンですが、朝日をしっかり浴びることで、夜になると分泌量が増えます。梅雨時期でも、夜のように真っ暗ではないですし、多少、陽は降り注いでいますから、室内に入ってくる陽を浴びるようにすること。

 

また、日照時間の影響は神経伝達物質の「セロトニン」にも影響を及ぼします。セロトニンは『別名:幸せホルモン』と言われていますが、減少すると「イライラ」「感情が安定しない」などの症状が現れます。パニック発作もセロトニン不足が1つの要因だと考えられています。

 

このセロトニンを増やすには、トリプトファンを多く含む食材を摂取する。リズムのある運動やウォーキングをする。就寝1時間前にはブルーライトを浴びない。つい、寝る前に携帯チェックをしてしまう方は要注意です。そして、メラトニン(睡眠ホルモン)はセロトニンから生成されます。長期的に良質な睡眠が得られないと、自律神経が乱れ酷くなると鬱傾向になっていきます。

 

なので、自律神経の乱れが続いているな…と思ったら、早めに対処した方が良いです。酷くなると、脳が働かなくなり、どうにもこうにも出来なくなります。セロトニンを増やす材料のトリプトファンは、豆腐・納豆などの大豆製品、チーズや牛乳などの乳製品、ピーナッツや卵・バナナにも多く含まれます。

 

抗うつ作用のある精油は、ベルガモット、ネロリ、マンダリン、ジャスミン、イランイラン、ローズオット、サンダルウッド、レモングラスです。精油は、柑橘系からフローラル系、樹脂系までありますので、お好きな香りを芳香浴で吸入することが、自律神経の安定にはおススメです。

 

 

あと、梅雨時期におすすめな薬膳の治療法として「芳香化湿」という方法があります。芳香化湿の意味は、『良い香りのものは水分代謝をよくします。湿邪を発散して利尿作用を促進すること』、芳香化湿の食薬は、パクチー、大葉、玉ねぎ、山椒、ジャスミン茶です。香りの良いものは「気の巡り」も、良くします。利尿作用に特化した場合、瓜類の冬瓜、キュウリ、スイカなどと小豆(これは、解毒作用もあります)、生姜、らっきょ、ねぎ等。あと、体の熱を取り去るものでは、蕎麦と緑豆が効果的です。なので、冷や麦や素麺より、お蕎麦を食べましょう!

 

腰から下の不調の原因は、以前、ブログで書きましたが、体の水分が排出されないと水分は重いので下に溜まります。それが、脚の浮腫みや下半身の不調の要因と一つとなります。なので、浮腫みを緩和しましょう!

 

EKLAMでのボディトリートメントでは、浮腫みがある方はグレープフルーツやサイプレスを使用し、腎臓・膀胱・尿管の反射区を刺激します。トリートメント前にトイレに行ったけど、終わった後もサロンの取りれに駆け込む方もいらっしゃいます。

 

セラピストとしては、サロンでのトリートメントをお勧めしたいところです。それは、芳香浴だけよりも肌から精油が経皮吸収され、フィジカル面の不調にも作用しますし、何と言ってもタッチセラピーはオキシトシン(別名:幸福ホルモン)が分泌されますから、一石三鳥くらいになります。気持ちいいし、香りは良いし、体の疲れ不調の緩和にもなる。

 

もっと、根本的なところを掘り下げたいのですが、長くなるので今日は、この辺りで…(^_-)-☆

 

ロゼシアター前のタリーズで糖分補給

 

コメント
やっと、今日初めてルミ子先生のラジオを拝聴できました^^講座の復習も兼ねて聴きました。
梅雨どきの不調に良い精油、やはり一般の方に馴染みやすいシトラス系を紹介されてましたね。レッサー個人としては、最近ネロリに助けられているのには訳があるんだな、と聴きながら思いました。身体は正直ですよね。いままで気にしてなかったローズOtt.が凄くいい香りに思えてきたのも、ホルモンバランスが変わってきているからだし。が、しかし。買いたいけどネロリもローズOtt.も高い><。ハイドロゾルもあるけど…
今月は久々にトリートメントして頂くので、芳香浴にネロリか大好きなメリッサをお願いしようかなと思ってますが、その時の身体の声次第ですね!
  • レッサー
  • 2020/07/08 8:32 PM
レッサーさん、ラジオをお聴き有難うございます。
レッサーさんは、アロマ講座をご受講いただいているので、一般の方より知識がありますから、心や体調の変化で香りの好みが変わることは、よくご存じですよね。ほとんどの方は、いつでもHappy&#9836;な時ばかりじゃなくて、悩みや不安を大なり小なり抱えています。その方の性格的な基質で、問題を深堀し過ぎて体調や精神的な不調に繋がってしまうことがあります。そんな時、アロマはネガティブな思考を軽くしてくれる。そんな感じです。思い悩むことは決して悪いことではなく根が真面目な方は、その傾向が強く現れます。今月は久し振りのトリートメントですね。ココロとカラダのメンテナンス、しっかりと、させていただきますね(^_-)-☆  
  • 峯岸ルミ子
  • 2020/07/09 10:31 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM