アロマセラピーアドバンス講座(1回目)

  • 2020.06.20 Saturday
  • 18:58

JUGEMテーマ:アロマセラピー

 

こんばんは、エクラムの峯岸です。

午前中は快晴でしたが夕方になって、少し曇ってきましたね。

 

今日は午後、アロマセラピー・アドバンス講座の1回目でした。アロマクラフトはアロマバスソルト作りでした。ちょっとしたアクシデントがあり、私がエプソムソルトを床にばら撒いてしまい、うっかり写真撮り忘れなので講座終了後にイメージ写真を撮りました。受講された方のブレンドは、ご主人の仕事疲れを緩和する精油ブレンドです。ご主人想い…素敵ですね💕

 

ローズマリー・シネオール、グレープフルーツ、プチグレンのブレンド

 

夏の蒸し暑さもあるので、爽やかですっきりブレンドでした。ご自宅に精油がたくさんある方なので、他のブレンドも楽しんでもらえたらと思います。簡単に作れます♬♪

 

 

 

座学の方は、「神経系」「内分泌系」「免疫系」の相関関係と神経伝達物質のセロトニン・アドレナリン・ノルアドレナリンについて、お話ししました。アロマが自律神経に良いと言われているけど、自律神経だけじゃないんです。内分泌系(ホルモン)、免疫系にも作用するんです。

 

人間は本来、恒常性機能(ホメオスタシス)が備わっています。恒常性とは、環境の変化に対応する身体の機能ですが、寒かったり暑かったりしても、その外部環境に身体は自然と順応するような機能が備わっていますが、過度のストレスが連続的に加わることにより、恒常性のバランスが崩れます。病気に罹患する悪の根源は『ストレス』と言っても過言ではありません。

 

ストレッサーが加わると脳下垂体からβ‐エンドルフィン(別名:脳内麻薬)と副腎皮質からコルチゾール(別名:ストレスホルモン)が分泌され身体をストレスから守ります。

 

内分泌系に届いたメッセージによって、女性ホルモン(卵胞・黄体)が抑制されたり・促進されたりしますし、メラニン細胞刺激ホルモンからメラニンが合成されれば肌表面に茶褐色のシミが現れます。また、甲状腺を刺激されれば全ての細胞でエネルギー代謝が促進されます。

 

甲状腺の病気では「バセドウ病」、歌手の綾香さん罹患されましたが、身体の新陳代謝が活発になる病気で「寝ていてもジョギングしている」と例えられるほど、代謝が激しく眼球が前に出るのが特徴です。「橋本病」は甲状腺自体を破壊する病気です。身体の新陳代謝が低下するので「バセドウ病」とは逆の症状です。

 

ストレッサーにより、内分泌系(ホルモン)を刺激してストレスから身体を守るために、ホルモンが過剰に分泌されると免疫の働きを抑制する作用がもたらされると、病気にかかりやすくなってしまいます。

 

 

免疫はコロナの件で、皆さんこぞってヨーグルトや発酵食品を食べるようになり、免疫力アップを図っていますよね?もちろん、腸内環境を整えることは重要です。ただ、根本的な原因のストレッサーが連続的に加わっていると追いつかない…ということになります。それで、自律神経のバランスを整えましょう!という話に繋がっていきます。予防医学でアロマが注目されているのも、この自律神経のバランスを整えるのがアロマは大の得意です。

 

アロマ講座は90分なので、「内分泌系」「免疫系」を深くお話しすることできませんでしたが、アロマがただ単にいい香り…だけじゃないことは理解していただけたようです。ストレッサーがある状態を放置したら、病気になる要因を放置していることになるので、うまくストレス解消する方法を見つけましょう!それが、過食や飲酒になると、後々、大変ですからね。気をつけましょう(*^^*)

 

 

講座終わりに、通路のガラスの器や貝殻が気になったみたいで、写メを撮っていたので私も撮ってみました。ガラスの器は小樽の北一硝子で20数年前に購入しました。祖母へのプレゼントでしたが、他界しているので私が使っています。(レッサーさん、出張の時では無かったです)貝殻は与論島に出張した時に拾いました。与論島への出張は長いと1ヵ月で合間に休みがありますが、狭い島なので全て行き尽くして、やる事がないと貝拾いをしていました。

 

 

 

レッサーさんが、レイアウトを変えて見栄え良くしていました。慣れてくると分かりますが、かなりボケボケな私なので、レッサーさんがオンラインショップのスペル間違いも指摘してくれて、感謝です。いつも、有難うございます(^^♪

 

それでは、移動制限も解除されたことですし、長く自粛していたので、多少、遠出を楽しまれてください(^O^)/

 

 

 

コメント
久々にブログにコメントするレッサーです^^LINEにも書きましたが、旦那がバスソルト喜んでくれてるので良かったです。昨日は強風で体が冷えてしまったので、ネロリとマンダリンのバスソルトを作ってほっこり、いつもより長風呂しました。
講座の感想ですが、ヒトや鳥類といった恒温動物が様々な環境でも生きて(動いて)いられるのは、ホメオスタシスのおかげなんですよね。高機能だけど複雑。アロマをうまく活用していくには欠かせない知識ですね!
  • レッサー
  • 2020/06/23 6:43 PM
レッサーさん、こんばんは!バスソルト、喜んでもらえたようで良かったですね。昨日は、本当に寒かったし強風が吹き荒れて、サロンの看板は倒れるし大変でした。ネロリとマンダリン、サロンのアロマと一緒でしたね。

そう、ホメオスタシスが正常に機能できてることは、とても大切です。だけれども、我慢強い日本人だから、治療が必要な状態になってから、そういえば、こんな体の状態が続いていたな…と振り返り後悔する。レッサーさんは、直ぐに対処しているから、大丈夫そうですね!
  • 峯岸ルミ子
  • 2020/06/23 8:25 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM