セラピストの条件と心得

  • 2020.06.12 Friday
  • 17:26

JUGEMテーマ:仕事のこと

 

今日は、3回目の投稿です。

 

岳南朝日新聞の記事をご覧くださって、ご予約してくださる方が少しづつ増えてきました。嬉しいのは、今までアロマトリートメントをされたことが無い方が、チャレンジ(初めてのサロン・初めて受けるトリートメントは勇気がいる行為なので、あえてチャレンジという単語を使います)するために、お電話をくださっています。私も美容室選びは、とっても勇気がいります。失敗したくない。嫌な思いはしたくないから、調べに調べてこのレベルだったら、嫌な思いはしないだろうと思ってから予約を入れます。それでも、嫌な思いを3回経験してから、その美容室へは行かなくなります。3回はそれでも我慢します。

 

東京では引越しを2回しましたが、20分以内で通えるところにしていました。世田谷の三軒茶屋というところに住んでいた時には、表参道の友人に紹介してもらった美容室です。そこは長く通いましたが、勤務している美容室を独立されて個人で美容室を出されたあとも神宮前(原宿の裏通り)だったので、通っていましたがある時、その美容師さんの恋人らしき人が来られていて、私が帰ると時にドアを開けたら飼い犬が外に出そうになり、私を突き飛ばしました。美容師さんから謝罪は無く、茫然としそれ以降、行かなくなりました。

 

港区の汐留近くに住んでいた時には、銀座のバーニーズが入っている美容室で、アシスタントの方の服からタバコの臭いがしたり、よそ見しながらドライヤーをかけられ、頭皮を火傷しそうになりました。もう、この時は我慢が出来なくて髪が濡れたまま、銀座の街を歩いて自宅に帰りました。なぜなら、安かろう悪かろうという美容室ではなく、嫌な思いをしないであろう、安売り美容室ではないところに行き、それなりの料金を払っていたからです。いくら、アシスタントといえども、服からタバコの臭いはOUT!です。

 

ある書籍にファーストクラスや一流ホテルを利用するお客様について書いてありました。それなりの社会的地位と立場があり、時間的余裕がたくさんある訳ではない。なので、嫌な思いをして、仕事や生活に支障をきたしたくないから、グレードの高いところを利用しているそうです。私は、銀座のサロン勤務の時には、一流のサービスしか受けていない方々に接していた為、自分自身もそのお客様が日頃、当たり前に受けているサービスを知らなければ、同じグレードのサービスは提供できないので、東京都内のパークハイアット、マンダリンオリエンタル、ウェスティン、リッツカールトンホテルのレストランを時々、利用してきました。さすがに、宿泊は5万円以上するので、宿泊はしませんでしたが…。

 

私が、セラピストの技術教育だけではなく、マナーを一から教えてきましたが、人それぞれ常識基準には差があります。今までホテルのフロント業務をされていた方々ですが、一瞬の接客とお客様のプライバシーを深く伺う仕事になると、いくらホテルのホスピタリティは理解している方々でも、セラピストの仕事とでは大きく違いがあります。

 

セラピストの仕事は、家庭環境や仕事と体調など絶対、他人に口外してはならないことばかりです。なので、研修を受けていただく前に『セラピストのためのホスピタリティ概論』という、私が作成したマニュアルを熟読していただいていました。その中で、「倫理」という項目があり、道徳意識について記述しました。約束を守り、義務を果たす。サロン(スパ)で知り得た情報は、他者に話さない。

 

当たり前のことですが、この道徳意識のないサロン(セラピスト)であれば、裸に近い状態を見せたり個人的な心や身体的な悩みをセラピストに打ち明けたりできません。私が逆の立場であれば、セラピスト若しくは治療家以上の干渉をしてきたり、口外しそうな雰囲気をにおわせていたのなら、もう、二度と行くことはありません。実際、えっ?と耳を疑うようなことを言われ、帰るまで嫌な思いをしたことが何回かあります。

 

もう、26年セラピストをしているので、お身体や肌・伺うお話しについても医療従事者と同じような感覚(多分)で診ていると思います。恐らく、職業病の類だと思います。いかに、お悩みが解決するか?その方法は?と、そんなことばかり、考えている気がします。

 

アロマ講座の時だけは、肌とお身体を診るわけではないので、もっと気楽にお話しさせていただいています(^^♪

 

きっと、お客様の中には、不安に思われる方がいるかも知れないので、「道徳観念」について書かさせていただきました。なので、ご近所の方であっても、そこは、安心していただければと思います。私の場合、そこが良いところとも言われますが、頭が固いところかもしれません。もしかしたら、富士宮で、そこまで求める人はいないよ。という方ばかりかも知れません。

 

 

 

固い話の後は、私の柔らかで温かくて驚かれる手を貼り付けておきます(^^;)

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM